3月下旬の感染症の動向について・・・【 小児科 】|きくな小児科皮ふ科内科クリニック|菊名駅の小児科・皮ふ科・内科

〒222-0021神奈川県横浜市港北区篠原北2-4-5 ウエストーレ丸菱ビル1階店舗A
045-717-6850
ヘッダー画像

きくなコラム

COLUMN

3月下旬の感染症の動向について・・・【 小児科 】|きくな小児科皮ふ科内科クリニック|菊名駅の小児科・皮ふ科・内科

3月下旬の感染症の動向について・・・【 小児科 】

3月に入っても2月同様に最高気温が20度を超える日もあれば10度に届かない日もある・・・気温の変化が大きく体調管理が難しい日が続いています。

減少傾向だったスギ花粉は週初めの温かい気温で飛散量が増加しています。ただ今年のスギ花粉もすでに75%以上が飛散しましたので、今シーズンスギ花粉もあと1~2週間の辛抱となります。

ヒノキ花粉が徐々に増加してきています。ヒノキ花粉症がある方は4月一杯注意が必要です。

東京・大阪ではMRワクチンを接種していない成人・小児での麻疹の感染が報告されていますので、未接種の方(特に1歳・年長児の方)は早めに接種をしましょう。。。

3月下旬の菊名周辺の感染症の動向をお伝えします。

新型コロナ感染症はほぼ横ばいです。現在の新型コロナ感染症は胃腸症状や高熱など胃腸炎やインフルエンザなどと区別がつかない症状となっていますので注意が必要です。

横浜市では減少傾向でしたが、ここ1週間は横ばいです。主にインフルエンザB型は流行していますが一部の保育園でA型も流行しています。インフルエンザは発熱早期に抗インフルエンザ薬を使用する事で、症状が軽減すること・ウイルスの排出が減少すること、家族への感染が減少することがわかっています。発熱時は早めの受診・検査・内服をお勧めします。

感染性胃腸炎(嘔吐下痢症)は、やや減少傾向ですが一部の保育園で流行しています。感染を予防するために、手洗い・うがいを心がけましょう。

溶連菌感染症やアデノウイルス感染症が一部の保育園で流行しています。

感染性胃腸炎やアデノウイルス感染症はアルコールでは感染を予防できないので、石鹸等での手洗いが感染を予防するために重要です。