虫刺され(刺虫症)について・・・その4 【 小児科 】|きくな小児科皮ふ科内科クリニック|菊名駅の小児科・皮ふ科・内科

〒222-0021神奈川県横浜市港北区篠原北2-4-5 ウエストーレ丸菱ビル1階店舗A
045-717-6850
ヘッダー画像

きくなコラム

COLUMN

虫刺され(刺虫症)について・・・その4 【 小児科 】|きくな小児科皮ふ科内科クリニック|菊名駅の小児科・皮ふ科・内科

虫刺され(刺虫症)について・・・その4 【 小児科 】

蚊による虫刺されに対処するには、どうしたら良いでしょうか?

確実なのは、蚊に刺されないように予防するのが一番です。

公園や散歩などの野外活動の際には、長袖・長ズボン等を着用し肌の露出を少なくすることが重要です。

ヤブ蚊類であるヒトスジシマカの活動時間は、昼~夕方で特に午後4時から6時にかけて活動が活発になります。公園で遊ぶ場合には、上記の時間を避けるとヤブ蚊に刺されにくくなります。

汗を搔いた状態でいると、蚊に捕捉されやすく吸血されやすくなります。足の裏や手のひらをコマメに洗うと蚊に捕捉されにくくなるため刺されにくくなります。

適切な忌避剤(虫除け)を使用すると、蚊に捕捉されにくくなり、蚊に刺されにくくなります。

適切な忌避剤な使用方法については 次回へ・・・