病気になった後の予防接種までの間隔について・・・|きくな小児科皮ふ科内科クリニック|菊名駅の小児科・皮ふ科・内科

〒222-0021神奈川県横浜市港北区篠原北2-4-5 ウエストーレ丸菱ビル1階店舗A
045-717-6850
ヘッダー画像

きくなコラム

COLUMN

病気になった後の予防接種までの間隔について・・・|きくな小児科皮ふ科内科クリニック|菊名駅の小児科・皮ふ科・内科

病気になった後の予防接種までの間隔について・・・

より安全・より効果的に予防接種事業を行うにあたり、抵抗力が弱っていたり体調不良の可能性がある患者には予防接種を接種しないよう横浜市から指導されております。

麻疹は、治ってから4週間は予防接種を控えることになっています。

みずぼうそう・おたふく風邪・風疹・インフルエンザなどの疾患の場合では、治ってから2~4週間は予防接種を控えることになっています。

手足口病・ヘルパンギーナ・突発性発疹・伝染性紅斑(リンゴ病)などの疾患の場合では、治ってから1~2週間(診断後2~3週間)は予防接種が接種を控えることになっています。

上記から考慮すると、新型コロナ感染症・咽頭結膜熱(アデノウイルス感染症)・溶連菌感染症などの場合は、治ってから1~2週間(診断後2~3週間)は予防接種を控えた方が良いでしょう。

発疹を伴わない軽症疾患の発熱の場合には、解熱後1週間ほど経過していれば安全かつ有効な予防接種が可能と考えます。

病気が治ってすぐに予防接種を行った場合には、副反応・合併症の頻度が増加したり予防接種による効果が期待できなかったりと注意が必要ですので、かかりつけの小児科医師にしっかりと確認をしましょう。

横浜市独自の規則として、午前中に来院した場合に接種時(来院時)体温が37℃以上の場合は定期予防接種が出来ないことになっていますので注意が必要です。